「足利経済新聞」編集部員募集(2021年夏)

足利経済新聞編集長の山田です。
2018年7月に創刊した地域のニュースメディア「足利経済新聞」は、新たに編集部員を募集します。

足利経済新聞の紹介

足利経済新聞は「まちの記録係」

足利経済新聞 媒体資料

足利経済新聞 媒体資料より抜粋


足利経済新聞は、2018年7月に創刊しました。毎月15~20本ほど記事を公開しています。自社サイトの他にYahoo!ニュースなどへ記事提供を行っています。自社サイト実績で2020年の1年間で約230万PVでした。記事提供を行っている他媒体も合わせるとかなりの数字になると思います。

メディアポリシーとして、原則「事件・事故」を扱いません。「まちのグッドニュース」を中心に地域の出来事や営む人を長い目で書き続ける「まちの記録係」として活動しています。

足利経済新聞は「地域の学ぶ場」

創刊のきっかけは、NPO法人コムラボが2015年から4年間実施した在宅ワーク講座です。講座終了後の追跡調査で、受講後も在宅ワークをする人が予想より少なかったためです。技術を教わっても、仕事をどう受注するか、受注した仕事をどうこなしたいくか。今まで与えられた仕事を「消費する」側で従事していた方がフリーランスとして仕事を「作る側」へシフトするのは、なかなか難しいです。

そこで日常的にタスクが発生する仕組みを作り出し、フリーランスとして仕事をする機会を増やすことによって、関わる人の学びの機会を増やすために、足利経済新聞を作りました。

足利経済新聞に参加することで様々な「学び」の機会を得られる

編集部は、リモートワークで日々やりとりをしています。部員の多くは子育て中の母親ですが、他の仕事、家事、子育ての合間に取材活動に関わっています。締切までに記事を書けば良いので、それ以外の時間は自由裁量です。

最近話題になったClubhouseなど、新しいツールを使う機会も多いです。市内の大きな会社以外で、ITツールを駆使して業務をこなす環境は少ないと思います。自身のキャリアとして「〇〇のツールを業務に使ったことがある」は大きなメリットになります。

足利経済新聞に参加することで地域を知るきっかけを得られる

2020年実績で年間閲覧者数230万になり、地域で読んで頂いている方が増えている時間があります。足利のことを主に取り扱うメディアですが、足利出身の人は編集長の私を含めても半分いません。栃木県内、秋田県、京都府、東京都と、様々な出身地で足利在住の人が関わっています。

足利出身の私でもそうなのですが、取材ネタを探していると「へー、こんな場所が足利にあったんだ」という驚きがあり、足利経済新聞に参加することで更に足利を知るきっかけが得られると思います。

記者未経験者を歓迎

ローカルジャーナリストガイド

ローカルジャーナリストガイド


編集部に入る前にライター講座を実施します。共著「ローカルジャーナリストガイド」を元に記者スキルをいちから伝えます。この本は、以前実施していた在宅ワーク講座の経験もフィードバックされて執筆されているもので、お店では入手できないものです。

今回の募集で、未経験者可にしているのは、教科書も育成実績もあるためです。未経験でも学ぶ意欲のある方をお待ちしてます!

募集の流れ

決定まで

  • (1)フォームからエントリー(6月30日まで)
  • (2)書類選考
  • (3)面談
  • (4)応募結果の連絡

決定後

  • (1)ライター講座実施(7月以降、1~2カ月)
  • (2)編集部配属(8月以降)

募集の内容

募集職種

  • 足利経済新聞 編集部員(業務委託契約)

応募資格

  • 足利市在住者
  • 18歳~40歳(専門学校生、短大生、大学生可)
    ※若者・子育て中の方の支援を目的にしているため
  • 新しい働き方を実践している、もしくは実践したい方(パラレルワーク歓迎、仕事の掛け持ちOK)

業務内容

足利経済新聞 編集部業務

  • 取材活動
  • フリーペーパーの製作、配付
  • ※未経験でも可。選考後、新人記者研修を行います

求める人材像

  • 足利をもっと知りたい人
  • 様々な仕事を行う「複業家」の人(目指したい人を含む)
  • 個人の事情として「学べる」余裕がある人(家族の理解など)
  • 新しいことをどんどん取り入れる「学びたい気持ち」が強い人
  • 夢や目標は定まっていないけど「いまのままじゃダメだ」とモヤモヤを抱えている人
  • ソーシャルメディア(Twitter,Facebook,Instagram)で情報発信をしている人
  • 色々な人と話すのが好きな人
  • 本をたくさん読む人

必要な機材

  • Windows10のパソコンまたは2013年以降のMac(Big Surが導入できること)
  • スマートフォン
  • 自宅に固定インターネット回線(光、CATV等)
  • デジタルカメラ(あれば尚良し)

※編集業務に必要なクラウド環境は弊社で用意します。セキュリティソフトやMicrosoft Officeがない方は貸与します。

契約条件

契約内容

業務委託契約

業務時間

  • 自由(業務のやりとりはオンライン上で行います)
  • ※月に1回平日日中に編集会議を実施しています

業務委託費

  • 能力・実績などを考慮の上、社内規定に則して相談・決定
  • 新人記者研修あり(未経験者可)

特典

編集部住所

栃木県足利市伊勢町3丁目4-8(マチノテ)

応募方法

  • エントリーフォームより必要事項を入力、履歴書を添付してお送りください。紙での受付はいたしません。書類選考を通過した方へおって面接日時をお知らせします。
  • お送りいただいた履歴書は、採否の目的のみに使用し、その他の目的には一切使用しません。履歴書は返却いたしません。

応募期間

  • 2021年5月28日(金)〜2021年6月30日(水)

問い合わせ先

特定非営利活動法人コムラボ / 足利経済新聞 編集長 山田(問い合わせフォーム

内容について気になる点があればお気軽に問い合わせください。

エントリーフォーム

    お名前(必須)
    メールアドレス(必須)

    可能な限りGmailなど携帯以外のメールアドレスのご記入をお願いいたします。
    携帯メールアドレスの場合は「com-labo.com」ドメインからのメールが受信できるよう受信設定をしてください。

    Facebookアカウント

    (例)https://www.facebook.com/Masatoshi.Yamada

    Twitterアカウント

    (例)@ashikaga_keizai

    Instagram

    (例)@ashikaga.keizai

    ブログやWebサイトなどご自身で運営しているサイトURL

    (例)https://www.ashikaga-keizai.com/

    履歴書(必須)

    PDF形式の履歴書を選択してください。

    志望動機(必須)

    足利経済新聞の編集部に入ることで自分がどうなりたいか等をタイトルと本文に分けて記入してください。

    タイトル(20文字程度)

    本文(200文字)

    この記事を書いた人

    • FACEBOOK
    • Twitter
    代表理事 山田 雅俊

    NPO法人コムラボ 代表理事、足利経済新聞 編集長、カフェ&シェアオフィス「マチノテ」運営 。生業はIT系。システム開発、Web製作などIT業務の経験を生かし、地方都市における情報格差の課題解決へ向けて企業・NPO法人の両面から取り組む。