2018年度在宅ワーク講座

足利市からの委託事業です。

2015年からはじまり2018年で4年目となる本事業は、コムラボが足利市から委託事業を受けて実施しています。対象者は、足利市在住または通勤・通学している方です。無料でクラウドソーシングをはじめとした在宅ワーク活用講座を受講できます。

今年度の取り組み

2018年度プログラムの紹介

4年目となる今年度はクラウドソーシングの他に民泊サポートや観光ガイド、観光体験など、観光客が年間400万人訪れる足利市ならではの「地域の働き方」に取り組みます。

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングはインターネットを活用することで、世界中の企業と個人が直接つながり、仕事の受発注を行うことができる新しい仕組みです。自宅で仕事をしたい人や、自分らしい働き方をしてみたい人へ今までになかった選択肢を増やせる新しいインターネットサービスです。

クラウドソーシングの流れ

クラウドソーシングはこんな人に向いています

クラウドソーシングを活用することで地域の「働く」の選択肢を増やしたい

クラウドソーシングを活用することで地域の「働く」の選択肢を増やしたい

クラウドソーシングではどんな仕事ができるの?

クラウドソーシングでは100種類以上のカテゴリのお仕事がやり取りされています。自分にあったお仕事がきっと見つかるはず!

クラウドソーシングではどんな仕事ができるの?

今年度の流れ

今年度の流れ

これまでの実績

これまでの実績

講師紹介

NPO法人コムラボ代表理事 山田雅俊

栃木県足利市出身。特定非営利活動法人コムラボ 代表理事、アズナ合同会社 社長。都内のIT関連会社などを経て、2004年に独立。システム開発、Web製作、ITサポートの経験を生かし、地方都市における情報格差に対し企業・NPO法人の両面から取り組む。Webメディア「あしかがのこと。」発行責任者兼デスク。ジャーナリズム・イノベーション・アワード2016,2017スタッフ、ジャーナリストキャンプ2016石巻に参加。2018年5月「ローカルジャーナリストガイド(共著、日本ジャーナリスト教育センター発行)」を執筆。

栃木県初のクラウドソーシングプロデューサーです

コムラボは業界団体クラウドソーシング協会が認定する栃木県で最初のクラウドソーシング・プロデューサーです。地域中小企業の皆様の抱える労働力不足や事業の付加価値向上などの課題に対し、クラウドソーシングを活用を通した新たな解決策をプロデュースします。

csp-logo

栃木県初のランサーズ エリアパートナーです。

コムラボは、クラウドソーシング業界のパイオニアであるランサーズとエリアパートナー契約を結びました。ランサーズ エリアパートナー プログラムとは、ランサーズが自治体や地域の事業者である「エリアパートナー」と連携し、クラウドソーシングを通じて地域に仕事を創りだす取り組みです。地域でのIT活用支援の実績やノウハウを有するコムラボと、地域での取り組みに多数の実績を持つランサーズが、相互のノウハウを提供し合い、地域産業の活性化や新しい働き方の普及を行っていきます。

lancers-area

説明会の開催場所・開催日時について

開催日時間場所講師定員子ども同伴
7/10(火)10:00~12:00マチノテNPO法人コムラボ 代表理事 山田雅俊20名子ども同伴、託児OK!
7/11(水)10:00~12:00マチノテNPO法人コムラボ 代表理事 山田雅俊20名子ども同伴、託児OK!
7/12(木)10:00~12:00マチノテNPO法人コムラボ 代表理事 山田雅俊20名子ども同伴、託児OK!
※託児は保育経験者にお願いしますのでご安心ください。

説明会参加申し込みフォーム

お名前 (必須)

連絡がとれるメールアドレス (必須)(@com-labo.comからのご案内が受け取れるメールアドレスをご記入ください)

日中の連絡先電話番号 (任意)

参加希望日 (必須)

託児の希望(任意)

※託児を希望される方はお子さんの人数を記入して下さい。定員10名のため先着順受付となります。

参加資格の確認 (必須)