6.28 Kayou-dagane

6月最終週の火曜だがねは、
毎月恒例、山田店長率いるコグレ楽器の巻でした。

今回はなんと、
都内で活躍する天使たち
(年齢104歳、天使界では、まだ若輩者らしいです。)
Secilia Luna」のみなさんに
はるばる来ていただきましたー。

台湾のフェスにも参加している
Secilia Luna」のギターを担当するKyokiさんは、
天界の栃木県足利市出身なのです。

おもしろいお話、
そして、素敵な歌をありがとうございました。
実際に、ライヴでみたら、どんな迫力なのか、
ライブに足を運んでみたいなぁ。

そして、本日の銘仙です。

この銘仙、念願だったのです。
先日、うさぎやさんで、お着物を購入した際に、
いろいろな都合で、泣く泣く諦めた
お気に入りの銘仙でした。

黒地に大柄の白い花が印象的です。
今回の帯は、「Secilia Luna」のみなさんに
負けないようにとw、まみえさんが、
ベルベットっぽい素材のゴージャスな帯を
コーディネイトしてくれました。

日本のムシムシした夏に、(だけど、大好き。)
節電の夏という課題まで加わった今年の夏。
会った人に涼を感じられるコーディネイトを
日々していかなきゃ、と思っています。
そのテーマにぴったりな本日の銘仙でした。

この記事を書いた人

増子 春香
  • FACEBOOK
  • Twitter
理事 増子 春香

栃木県足利市生まれ。家業である北関東唯一のラムネ製造会社である株式会社マルキョーの工場内にCfa Backyard Winery(ワイン醸造所)を立ち上げる。醸造家として日々、奮闘中。2012年、エノログ(ワイン醸造技術管理士)取得。サブカル女子、マカー。一児の母。おいしい かわいい たのしいへの好奇心が活力。