7/5 Kayou dagane!

7/5の火曜だがねは、
足利出身のおおかわあゆむくんが発案、集計した
「市民が作るアド街」でした。
番組はこちらです。

私も投稿しましたが、
順位をつけるのが何よりも難しかった。
大好きな場所がたくさんあるんだ。
ということを実感しました。
おおかわくん、集計お疲れ様でした。
そして、都心より、わざわざお越しいただき、
ありがとうございました。

そして、本日の銘仙、あらため浴衣です。
今回は、七夕が近いということで、
浴衣を着用させていただきました。

今日のお着物は、足が長く見えるーと言われ、
有頂天だったのですが、どうでしょう?
(といっても、戦前の平均身長の私ですので、お察しください。。。w)

うわぁ、花火柄だー!なんて言ったら、
麻の葉の柄だそうです。
で、麻の葉のデザインは、着物ではよく使われるのですよー。
うさぎやの金子さん。
調べてみたら、あーこれなのかーと納得です。
麻の葉柄にもまた、いろいろな種類があるようです。
(詳しくはこちらー。)

着物を着ると、
季節の草花に敏感になると言います。
昔の人は、季節感を着物で表現していたんですよね。
少しづつでも、勉強していきたいと思います。
うさぎやさん、これからもどうぞよろしくお願いします。

この記事を書いた人

増子 春香
  • FACEBOOK
  • Twitter
理事 増子 春香

栃木県足利市生まれ。家業である北関東唯一のラムネ製造会社である株式会社マルキョーの工場内にCfa Backyard Winery(ワイン醸造所)を立ち上げる。醸造家として日々、奮闘中。2012年、エノログ(ワイン醸造技術管理士)取得。サブカル女子、マカー。一児の母。おいしい かわいい たのしいへの好奇心が活力。