From Ashikaga-ippindou

7/12の火曜だがねは、
あしかが逸品堂よりお届けしました。

あしかが逸品堂とは、
足利の旧50号沿いにあり、
足利学校、鑁阿寺近くにお店を構える
様々なお店の逸品を集めた楽しいお店です。

私の家業である清涼飲料水を製造する
マルキョーも加盟させていただき、
ラムネ、かき氷用のシロップなどを
置かせていただき、日々、逸品とは何かを
学ばせていただいています。
足利にいらした際、ちょっと小腹が空いた
際には、あしかが逸品堂を訪れてみてはいかがでしょうか?

そして、本日の銘仙です。
うさぎやの金子さんより、
「はるかさんが着ないような着物を用意してみましたー。」
ってことで、チャレンジだったのです。

いかがでしょうか?
こんな柄もあるのですよー。
銘仙のバリエーションの広さがわかります。

今回は、逸品堂で、いろいろ動きながら
番組が進行することもあり、
サザエさんのおフネさんが、
お家で家事をしていそうなシンプルな帯結びです。
(ということで、今回は、
おフネさんの新婚時代というイメージw)

半襟の色、なんと蛍光っぽい黄色なのです。
シンプルでありながら、斬新な色、柄の組み合わせ。
これが、私、そしてAKG(足利着物ガールズ)23を魅了させる
うさぎやスピリットだと思う本日の銘仙でした。

この記事を書いた人

増子 春香
  • FACEBOOK
  • Twitter
理事 増子 春香

栃木県足利市生まれ。家業である北関東唯一のラムネ製造会社である株式会社マルキョーの工場内にCfa Backyard Winery(ワイン醸造所)を立ち上げる。醸造家として日々、奮闘中。2012年、エノログ(ワイン醸造技術管理士)取得。サブカル女子、マカー。一児の母。おいしい かわいい たのしいへの好奇心が活力。