Just Feel



11月9日の火曜だがねは、
足利市立美術館の学芸員さんに
きていただきましたー。

現在、足利市立美術館で行われている
リチャード・ゴーマン
足利風景-旅の視線 地の視線-
を実際に企画した学芸員さんから、
裏話や見所をお聞きできる
個人的にすごく楽しみな話題の1つです。

リチャードゴーマンさんは、
アイルランド出身。
北欧独特の色使いがステキで。
同じ形であっても、
色のバリエーションでの
表現力を見せつけられたり。

かたや、足利風景では、
小さい頃遊んでいたあの風景が
おさめられていたり、
また知らない足利に出会えたり。

ふっと過去へ戻ったような
そして、新しい扉を開いたような
感覚に陥ることができること。
これを感じに私は美術館へ行くのかもしれません。
生で、その質感を、空気感を感じなければ
出会えない世界に。

タイトルは、
ゴーマンさんからのメッセージです。

Ashikaga Museum of Art

この記事を書いた人

増子 春香
  • FACEBOOK
  • Twitter
理事 増子 春香

栃木県足利市生まれ。家業である北関東唯一のラムネ製造会社である株式会社マルキョーの工場内にCfa Backyard Winery(ワイン醸造所)を立ち上げる。醸造家として日々、奮闘中。2012年、エノログ(ワイン醸造技術管理士)取得。サブカル女子、マカー。一児の母。おいしい かわいい たのしいへの好奇心が活力。