地域と地域がつながる面白さ(その2)

2406800094037882345

里都(さと)プロジェクト大木さんと足利市内のmother tool中村さんのところへおじゃましました。6月14日(土)に都内で 『とちぎDay@東京』 ~地元「とちぎ」が、今こんなに面白い!~というイベントがあります。中村さんはゲストスピーカーなので、主催者代表の大木さんと事前打ち合わせでした。

中村さんは足利にお店を構えていますが群馬県出身、大木さんは栃木県出身者で埼玉県在住、わたくし山田は足利出身&在住、他のゲストスピーカーの顔ぶれを見ても様々な人々がいて何らかの形(主に出身者)で「栃木県」と関わり、今回のイベント開催の運びとなりました。各地のプレイヤーと会って話して、刺激を貰うことは実行するにしても考えるにしても糧になります。ローカルでやっている活動も、地域と地域がつながることで起こる化学変化は面白いです。

当日は私もスタッフとして参加です。ただいま参加者募集中ー。
https://www.facebook.com/events/490027587785969/

他にも県内各地からゲストスピーカーが登壇されます。「へぇ、いま栃木ってこういう人たちいるんだ。聞いてみよう」とか「6/14は暇なので行ってみるか」などまったりな方でもOKです。参加お待ちしております。

この記事を書いた人

山田 雅俊
  • FACEBOOK
  • Twitter
代表理事 山田 雅俊

NPO法人コムラボ 代表理事、Webマガジン「あしかがのこと。」発行人責任者、コワーキングスペース「SPOT3」マスター 。本業はIT系。システム開発、Web製作、ICTサポートの経験を生かし、地方都市における情報格差に対し企業・NPO法人の両方から取り組む。4児の父親。趣味は写真、クルマ。