11.1 Kayou dagane Part2 Meisen ver.

11.1の火曜だがね
銘仙の巻です。

ここまで鮮やかな紫色は
非常に珍しいらしく、
私はすんなり着てしまったんだけど、
共演者のみんなに、その色鮮やかさに、すごく驚かれたのでした。

鮮やかな紫色にかすりの十字架柄(?)の銘仙に、
(着物の柄的にはなんていうのかな?)
白地に虹色で描かれた絞りストライプ、
菊の描かれた色鮮やかな帯。
首元にも絞りの半襟を合わせて。

ここ最近、自分でお着物を着る機会が増えてきて、
小物の合わせがどうしても難しくて、
はて?とフリーズしちゃう日々。
銘仙ギャラリーを参考にして、日々がんばるのです。

この記事を書いた人

増子 春香
  • FACEBOOK
  • Twitter
理事 増子 春香

栃木県足利市生まれ。家業である北関東唯一のラムネ製造会社である株式会社マルキョーの工場内にCfa Backyard Winery(ワイン醸造所)を立ち上げる。醸造家として日々、奮闘中。2012年、エノログ(ワイン醸造技術管理士)取得。サブカル女子、マカー。一児の母。おいしい かわいい たのしいへの好奇心が活力。