7/26 Kayou-dagane

7月最終週は、毎月恒例のコグレ楽器テンチョー、山田さんの日。
今回のゲストは、足利みちろうさんでした。

足利みちろうさんは、
あの遠藤ミチロウさんに、ミチロウという名前を
名乗ってもいいよ?と言われた方とのこと。
そんな方が足利にいたのですよ。びっくり。
足利みちろうさんの非常に魂のこもった
ソウルフルで、ダーキーな音楽に圧倒されました。
番組はこちらです。

足利っておもしろい人がやっぱりいっぱいいる。不思議な街です。w

今回の銘仙です。
遠藤みちろうさんのロックな雰囲気に合わせて、
私もロックな感じ?通称、極妻風です。w
帯は、ゴールドの獅子柄。
レインボーな帯揚げで、脱極妻です。

今回の着物は、浴衣の最高級版の絹紅梅というお着物。
そう、浴衣なのですが、
絹で織られていて、非常にうすーく、
格子状にみえるところが綿で織ってあり、
その薄さをサポートしているそうです。
しかも、格子状の部分に厚みがあるので、
肌との接触部分が少なく、風を通しやすい。
だから涼しいー。

昔の人ってすごいなぁ。
と思わせる今回の銘仙でした。

この記事を書いた人

増子 春香
  • FACEBOOK
  • Twitter
理事 増子 春香

栃木県足利市生まれ。家業である北関東唯一のラムネ製造会社である株式会社マルキョーの工場内にCfa Backyard Winery(ワイン醸造所)を立ち上げる。醸造家として日々、奮闘中。2012年、エノログ(ワイン醸造技術管理士)取得。サブカル女子、マカー。一児の母。おいしい かわいい たのしいへの好奇心が活力。