無料の画面キャプチャソフト「Skitch(スキッチ)」で簡単資料作成!

cs相談窓口blog_vol11

クラウドソーシング活用講座でサポート窓口を担当している小川です!
今回は無料の画面キャプチャソフト「Skitch(スキッチ)」をご紹介いたします。

パソコン上のあらゆる画面をキャプチャ(画面を保存する)できる優れモノがSkitch(スキッチ)です。
ブログなどを見て回っていると多くの執筆者がこのスキッチを使われているんですよね。

資料作成の際の画像作り、パソコン操作上のエラー画面や不明点を画像で保存する、など言葉で説明するよりも正しく状況が伝わります。ぜひご活用してみてくださいね!

2016年1 月22日以降はソフトのダウンロードができなくなるようです

skitch

スキッチの優れているところ

・パソコン上の画面、ウェブブラウザの画面を簡単にキャプチャできる
・操作がシンプルでわかりやすい
・文字を書き込むことができる
・矢印や図形を描くことができる
・スマホアプリも用意されている

 

どんな時にスキッチを使う?

・ウェブブラウザの操作説明
・パソコンソフトの操作説明
・グーグルマップなどに注釈を書き加える
・不具合が起こった画面を保存し、説明を書き加える

 

スキッチが使える機器

・ウィンドウズ
・Mac
・iPad
・iPhone

 

キャプチャしたデータはどんな形式で保存できる?

・PNG形式
・jpg形式
・PDF形式
・bmp形式
・tiff形式
・Evernoteに直接保存

 

スキッチの基本操作を知りたい!

公式サイト「Skitch クイックスタート」を見る

 

残念なお知らせ

大変便利なソフトである「Skitch(スキッチ)」なのですが、2016年1 月22日以降はダウンロードができなくなるようです。

「Skitch for Android・Windows・Windows Touch・iOS(iPhone、iPad、iPod touch)の今後のアップデート対応はございません。2016 年 1 月 22 日以降は、これらのアプリをダウンロードできなくなります。
注: Mac 版の Skitch は引き続きご利用いただけます。」
出典:Evernote

 

上記のサイトを参考にすると、2016年1月22日より前にSkitchをダウンロードしておけば引き続きソフトを使い続けることができるとのこと。ただし、オペレーシングシステム(OS)の更新などによりソフトが動かなく可能性も今後あり得るとのことでした。

今回ご紹介したSkitchを使いたい方はぜひソフトのダウンロードをお早めに行ってくださいね!

ソフトやアプリのダウンロード終了後は「Skitchで最も使われている注釈機能および画像の編集機能は、Evernoteアプリに実装」ということです。ご興味ありましたらEvernoteへも無料登録してみてください。

Skitichのダウンロード画面
Evernoteの無料登録画面

 

以上、今回は無料の画面キャプチャソフト「Skitch(スキッチ)」とEvernoteを紹介する記事をお届けしました。
最後までお読みくださりありがとうございました。

この記事を書いた人

小川 健太郎
小川 健太郎

クラウドソーシング活用講座でサポート窓口担当。公共職業訓練でのパソコン講師を務めたのち、現在は個人特化のプライベートレッスンを行っている。時間や場所に縛られない自由なライフスタイルを模索中。趣味はアコースティックギターを弾くことで、レパートリーは全く増えていない。 ということで、よろしくお願いします!