ソーシャルアクション×ソーシャルメディア!

写真

コムラボ Halucaです。
リレーブログに何を書こうかなと考えて、
そういえば、私、なんでコムラボにいるか。
ってこと、あまり話したことがない気がするので、
残しておこうと思って。

最初に言っておこうw
私の人生のテーマは、ソーシャルアクション×ソーシャルメディア!

私のソーシャルアクションのきっかけは、遡ること、2003年。
打ち水大作戦、100万人のキャンドルナイトが始まった年。
(この年は、ソーシャルアクション元年と呼ばれてます)
私は、この元年に乗っかった一人。
 
まず、乗っかったのは、一人でもできるってことで、
100万人のキャンドルナイト。

そのキャンドルナイトでは、おもしろいよびかけを行ってた。 
「キャンドルナイトの様子を写真にとって、
オフィシャルページに投稿してくださいと。」 

投稿すると、日本中で開かれているキャンドルナイトの写真が、
キャンドルの光になって日本地図上で点滅。
クリックするとアップした写真が見れるように。
今では、普通。だけど、その頃はまだ、斬新なアイデア。
 
繋がる。全然知らない、誰かと。
話すことはできないけど、
同じ思いをもった人が日本中にいること、
それを感じれることがうれしかった。
(まだない、リアルタイムSNSのおもしろさを感じたのは、今思うとこの時だったのかも?)
 
そして、次回は、人を集めて、足利でやりたいと思い、
まずは、検索。したら、あった。
わたらせキャンドルナイト。
実行者の方に連絡したら、知り合いw
(やっぱり、初年は一人でやったそう。)
手伝わせてください、大きいイベントにしましょう。
と伝えて、キャンドル集めに奔走。
あの頃はキャンドルを探すのも今と違って大変。
で、作ったー。仏壇用のローソクとクレヨンでw
そして、渡良瀬の河川敷で開催。
ミラクルがいっぱいの夜だった。
 
そして、知らない誰かとも、繋がれるtwitterが日本に上陸。
飛びついた。
そしてつぶやいた。
そしたら、一番アクションを起こしたいと思っていた足利で、
コムラボと繋がった。そして、今がある。

社会は問題に溢れてる。
けど、堅いアタマからでてきた答えは、人になかなか響かない。
だから、ちょっと笑っちゃう、もしくは、
ちょっとゆるいくらいのソーシャルグッドなアクションを日々、模索して
ソーシャルメディアで発信して、共感してもらえれば、
知らない誰かとまた出会って、繋がって、
まだ見ぬ、新しい世界を知る、見る、創りだしていける。
その先の未来は、今よりもっといい未来だと思う。
 
まぁ、そんなことを考えながら、
日々、のほほんと生きてますw

 

この記事を書いた人

増子 春香
  • FACEBOOK
  • Twitter
理事 増子 春香

栃木県足利市生まれ。家業である北関東唯一のラムネ製造会社である株式会社マルキョーの工場内にCfa Backyard Winery(ワイン醸造所)を立ち上げる。醸造家として日々、奮闘中。2012年、エノログ(ワイン醸造技術管理士)取得。サブカル女子、マカー。一児の母。おいしい かわいい たのしいへの好奇心が活力。