楽しむ防災ー餃子とビールとオイルランプー

1888583_585162721572992_1338808924_n

餃子を食べ、ビールを呑みつつ、ほろ酔い気分でオイルランプをつくってみました。

 先週、災害時に役立つ道具やアイデアを集めた『いのちを守るハンドブック』という本を買い、できそうなものから試してみようと思っていました。

つくりかたは、意外と簡単で、5分ぐらいでサクッとつくれました。  ビールの空き缶の側面に、カッターナイフで穴を開け、ティッシュペーパーとアルミホイルで灯心をつくって缶の内側に固定します。缶の中にオリーブオイルを入れて、灯心上部までオイルがしみてきたら完成です。

1964614_585162841572980_1861123576_n

 下手くそでも自分の手でつくったものは、なんとも愛おしいものです(笑)

 このオイルランプ、つくるのも楽しいですが、眺めるのも楽しいのが嬉しいところ!!

 リビングの電気を消して、静かに揺れるランプの灯りを眺めながらビールを呑み、家族と話しながら餃子を食べる、なんとも贅沢な時間となりました。

さてさて、話題は大きく変わります。 みなさんは、もし大きな災害が起こったら「私が真っ先に死ぬだろう」と思いますか?それとも、「自分だけは、たぶん大丈夫だ」と思いますか?

 多くの人は、「自分だけは、たぶん大丈夫だ」と思うでしょう。 人は、自分に都合の悪いことは考えたくないものです。だから、なるべく考えないようにする。その結果、防災・減災対策はなかなか進まない。

 ここに「防災のための防災」の限界があります。

私たちは、「防災のための防災」ではない仕方でも、災害と向き合い、災害に備えるためのアイデアを共有し、実践していく必要があると思います。

つくることが楽しい とか
日々の生活にも役立つ、とか、
ちょっと贅沢な気分になれる、とか、
みんなでワイワイ楽しめる、とか、

みなさんも、自分の生活の中に、「楽しむ防災」を取り入れてみませんか?

この記事を書いた人

羽川大輔
羽川大輔

夢と現の境界で彷徨い続ける非バトルタイムのひつじ年男。実は結構短気。諦めが悪く、しつこいため多くの人に煙たがられるタイプ。特定の人種からは天然記念物扱いされている。現在、市内の中学校で防災ワークショップを展開中。最近の関心事は、大きなお庭にある小さなお家、リヤカーの上の図書館、私計簿、じぶん未来手帖。