“アイシテル”のススメ

明日は母の日ですね。皆さんはどんな母の日を過ごすのでしょうか?

私の夫の故郷、韓国では第2日曜日ではなく、5月8日が“両親の日”に制定されています。

感謝の言葉とともに、カーネーションやプレゼントを贈るのは、日本と同じなのですが

父の日と母の日を1回で済ませられるというのは、なかなか合理的で気に入っていたりします。

  実は今年もこの日を忘れかけていて、プレゼントの手配が間に合わず当日の電話だけで済ませてしまったダメ嫁な私。

しかし心の広い義母と義父は日本からの電話をとても喜んでくれます。

感情表現をストレートな韓国ですが、わが義母も例外ではありません。

私は義母から“アガ(赤ちゃん)”と呼ばれ、うちの子たち(孫)は“カンガジ(子犬ちゃん)とよばれています。

「アガ ポゴシッポ. サランヘ(私の赤ちゃん、会いたいわ。愛してる)」

結婚して以来電話するたびに義母は私にこう言ってくれます。

最初は何だか照れくさく、心のどこかで「ホントかよ」などとツッコんだりしていましたが、

10年間もこう言われ続けると、自然に、素直にこの言葉を受け入れている自分がいます。

今では夫への不平不満を義母にひとしきり愚痴ったあと、私も照れずにこう言えるようになりました。

「お義母さん、直接会って話したいな。サランヘヨ」

この直球表現、言ってみると意外と気持ちのいいものです。 

そしてこんな長電話をした数日後。我が家にはまた、

運送中に発酵が進み、梱包箱がパンパンに膨れ上がった大量のキムチがEMSで送られてくるのです。  

securedownload

この記事を書いた人

はるこ
はるこ

元韓日映像翻訳者。通訳案内士(韓国語)。現在は団体職員。夫は韓国人で国際結婚家庭です。 東京、ソウル、大阪での暮らしを経て2013年約20年ぶりに、故郷足利に戻って来ました。 せっかくだから思いっきり足利生活を満喫してやろう、何か意義あることにも参加してみたい。 そう思いコムラボメンバーになってみました。 仕事に育児に家事、なかなか自分の時間を作れませんが、ネットや読書をしながらの寝酒に癒やされてます。