楽しむ防災(5) -BBQ&Camp-

大学時代の探検部同期家族とBBQ&Campに行ってきました。

我が家では、ふたつのプラスチックケースを車に積み込めば、いつでも、どこにでも日常からランナウェイ♪できるように、準備してあります…笑

ひとつのプラスチックケースには、主に「住まい」にかかわるものが入っています。

20140606-063619-23779294

テント一式、タープ、タープを張るためのロープ等、銀マット、寝袋、ヘッドランプなど

もうひとつのプラスチックケースには、主に「食事」にかかわるものが入っています。

20140606-063837-23917285

ライター、携帯バーナー、カセットコンロ、ガス缶、コッヘル、メンツ、ブギ、包丁、ミニまな板、調味料、ジップロック、巻紙、応急処置セットなど

あとは季節に合わせて「衣類」を準備し、食料を調達すれば、生活する上で必要な『衣食住』が揃います‼︎

20140606-063935-23975466

今回、同期家族とCampしてみて、我が家のCampセットは、ほんとうに最低限のものしかない…苦笑…ということに気づきました。

我が家のCamp道具は、私が山に行くために買い揃えたものなので、仕方ありませんが…

…Camp道具を選ぶ基準も、強度や軽さ、機能性や耐久性を重視し、快適性については、全く気にしてきませんでした…

しかし、同期家族が持ってきたBBQセット(コンロ、炭、トング、机、椅子、保冷タンクなど)や、リビング型テントを見たら、避難生活でCamp道具を使うことを想定した場合、快適性も大切だなぁーと思いました。

我が家もCampイベントに合わせて、Camp道具を少しずつ充実させて行きたいと思います。

Camp&BBQの様子はコチラ↓

BBQ&Camp@長瀞 | Edition-D https://wingriver.wordpress.com/2014/05/22/bbq%ef%bc%86camp%e9%95%b7%e7%80%9e/

この記事を書いた人

羽川大輔
羽川大輔

夢と現の境界で彷徨い続ける非バトルタイムのひつじ年男。実は結構短気。諦めが悪く、しつこいため多くの人に煙たがられるタイプ。特定の人種からは天然記念物扱いされている。現在、市内の中学校で防災ワークショップを展開中。最近の関心事は、大きなお庭にある小さなお家、リヤカーの上の図書館、私計簿、じぶん未来手帖。