フォトショップやエクセルなど定番パソコンソフトが月額払いで利用できる!

151019_vol3

【ご案内】
9月から足利市より委託事業を受けて行っているクラウドソーシング活用講座ですが、オリエンテーション(説明会)の追加開催をすることになりました!⇒詳しい情報を知る


 

クラウドソーシング活用講座でサポート窓口を担当している小川です!
今回は定番パソコンソフトを月額払いで利用するプランについてご紹介したいと思います。

 

「パソコンソフトはパッケージ製品を購入するもの」というイメージがまだまだ残っておりますが
現在は新しい流れが広がってきています。

 

その新しい流れとは
「サブスクリプション制(利用期間に応じてソフトのライセンス料金を支払う仕組み)」
です。

 

例えば、今まで初期購入コストとして10万円以上もかかっていたパソコンソフトが
月々3000円ぐらいのコストだけで利用スタートできる、といった状況が生まれています。

必要な時に必要な期間だけソフトにお金を払うことになるので、もしソフトを使う機会がなくなれば
いつでも支払いをストップできるのも嬉しいところ。

 

まとまったお金を最初に用意しなくても高性能ソフトが使える時代になっていますので
ぜひサブスクリプション制でのパソコンソフト利用も検討してみてください。

 

利用期間はだいたい以下の3種類から選ぶことが多いです。

  • 月々払い
  • 年額払い(一括払い)
  • 年額払い(月々払い)

 

■オフィス系ソフトの定番、Microsoft Office
月額プラン/年額プランから選ぶ「Office 365 Solo(家庭向け)」

office365
Office 365 Solo(家庭向けラインナップ)料金プラン

料 金
1ヶ月毎の自動更新 1年間の自動更新
¥1,274 (税込) ¥12,744 (税込)
●Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Access、Publisher が使用できます
●常に最新状態のパッケージが使えます

 

■グラフィックソフトの定番「Adobe製品」
月額プラン/年額プランから選ぶ 「Adobe Creative Cloud」

adobecreativecloud
Adobe Creative Cloud 料金プラン

【単体プラン】の料金(ソフト1種類ごとにかかる料金)
年間プラン(月々払い) 年間プラン(一括払い) 月々プラン
2,180円/月(税抜)
※年額換算:26,160円/年(税抜)
26,160円/年(税抜) 3,180円/月(税抜)
※年額換算:38,160円/年(税抜)
●常に最新状態のパッケージが使えます
●フォトショップ利用は「フォトグラフィプラン」が最もお得。ただしオプションサービスに制限あり
●【単体プラン】で選択できる主要ソフト
⇒Photoshop、Illustrator、InDesign、Acrobat Pro DC、Dreamweaver、Flash Professional、Adobe Premiere Pro、After Effects
Creative Cloud プラン比較表

この記事を書いた人

小川 健太郎
小川 健太郎

クラウドソーシング活用講座でサポート窓口担当。公共職業訓練でのパソコン講師を務めたのち、現在は個人特化のプライベートレッスンを行っている。時間や場所に縛られない自由なライフスタイルを模索中。趣味はアコースティックギターを弾くことで、レパートリーは全く増えていない。 ということで、よろしくお願いします!