働くって何だろう

1日15時間くらい働くことより

まあ会社が定時で終わるんなら、5時〜11時と週末フルで働ければ起業くらいできるから、これからの時代に自分を追い込んで鍛えたい人は、定時で仕事を終わらせて一つくらい起業しても良いのかもしれないね。

新しい働き方、副業、復業など今までの働き方の変化が求められる今日この頃。「働く」という言葉のとらえ方はもっと広い方が良いし、多様性があった方が良いと思うのですが、資本家に労働時間を提供し、対価を得る行為を「働く」ととらえる人が多いのも確か。

寝ている時間以外はほぼ働いている私ですが、本業、NPO、他色々に取り組んでいると1日15時間くらいは当たり前のように動いてます。なんで出来るのかなぁと考えてみると、やっていることは誰かに命令されたことではなくて自分で選んでやっていることだからというのが大きいのかなと。

家と会社、家と学校の往復だけの生き方は勿体ないと思います。自宅でも会社でも学校ではない第3の自分の居場所であるサードプレイス的な場所、コミュニティ、何かとの関わり方が視野を広げることになるし、自分の可能性や選択肢を増やすことになります。

えーと、何が言いたいかというと、新年度なのでコムラボメンバー募集中です(笑)

この記事を書いた人

山田 雅俊
  • FACEBOOK
  • Twitter
代表理事 山田 雅俊

NPO法人コムラボ 代表理事、Webマガジン「あしかがのこと。」発行責任者、コワーキングスペース「SPOT3」管理人 。本業はIT系。システム開発、Web製作、ICTサポートの経験を生かし、地方都市における情報格差に対し企業・NPO法人の両方から取り組む。4児の父親。趣味は写真、クルマ。