福島県白河市のコミュニティ・カフェ EMANON

福島県白河市のコミュニティ・カフェ EMANON

福島県白河市のコミュニティ・カフェ EMANON

コムラボ代表理事の山田です。福島県白河市にある去年のジャーナリスキャンプで知り合った青砥さんが運営する「コミュニティ・カフェ EMANON」へ行ってきました。

コミュニティ・カフェ EMANON(エマノン)は、No nameの逆さつづりから名付けられました。
参加者、利用者のみなさんが、自由にこの場所を使って、生かしてほしい。そう考え、この場所にはあえて名前をつけず(No name)、解放していくこととしています。

古民家を改装した落ち着く雰囲気の内装。イスやテーブルは福島県の木材を使用したオリジナル。コーヒーは福島県矢祭町の自家焙煎「珈琲香坊」の豆。ケーキの材料は福島県産、お店で作ってます。シェフはイタリアンレストランなどで修行された青砥さんの妹さんです。ケーキは子どもたちにお土産で買っていきましたが、美味しそうに食べてました。

コミュニティ・カフェ EMANONの青砥さん。立ち上げの経緯や地域の課題などをあれこれお話ししました。

コミュニティ・カフェ EMANONの青砥さん。立ち上げの経緯や地域の課題などをあれこれお話ししました。

築70年くらいの古民家をリノベーションしたカフェ。元々はお茶屋さんだったそうな。

築70年くらいの古民家をリノベーションしたカフェ。元々はお茶屋さんだったそうな。

オーダーメイドの机とイス。メイドイン福島。売って欲しいと言われたこともあるとか。確かにこれは欲しい

オーダーメイドの机とイス。メイドイン福島。売って欲しいと言われたこともあるとか。確かにこれは欲しい

店内へはレトロな靴箱に履き物を入れてスリッパであがります。

店内へはレトロな靴箱に履き物を入れてスリッパであがります。

この記事を書いた人

山田 雅俊
  • FACEBOOK
  • Twitter
代表理事 山田 雅俊

NPO法人コムラボ 代表理事、Webマガジン「あしかがのこと。」発行人責任者、コワーキングスペース「SPOT3」マスター 。本業はIT系。システム開発、Web製作、ICTサポートの経験を生かし、地方都市における情報格差に対し企業・NPO法人の両方から取り組む。4児の父親。趣味は写真、クルマ。