大雪と選挙

こんにちわ、コムラボ曽根田です.

私の週末の関心ごとは、10年に1度と言われた大雪と都知事選でした. 12442

大雪は足利でも30センチを超える積雪で、珍しく雪国と化していました. 周囲の建造物は全て雪によって丸みをおびていて、なんだか街が優しく感じられました.
街中を走る車の音もない静寂、明く朝の澄んだ空気、雪が太陽を反射させることによる視界の明瞭さなどなど普段とは違う感覚が心地よく感じられました.
とはいえ、10代のころのような寒さに負けず雪遊びをする根気もないので、自宅へ引きこもってました.
次回知っておくと便利だなーと思ったものをいくつかご紹介.

移動
鉄道遅延情報:
http://eki.jorudan.co.jp/unk/
http://www.demap.info/tetsudonow/
車:ノーマルタイヤの方は絶対に運転しないで下さい.

雪遊び
雪アート: http://www.danshihack.com/2014/02/08/junp/twitter_gousetsu.html
かまくら作り:http://blog.livedoor.jp/cpiblog01167/archives/50288386.html
米ぞり: http://blog.livedoor.jp/aqua_ruby/archives/6705870.html

雪アートはいろんなアイデア盛りだくさんで、見ていて真似したくなります.
次回は、根気出して作ります.

都知事選ですが、今回もやはり投票率の低下(46.14%)が問題視されています.
そう思って栃木県の県知事選の投票率を見てみると33.6%(足利市では27%)と、政治への関心の低さが伺えます.
足利市長選では54%の投票率だったのでより身近な行政に対しての方が関心度が高いようです.
どこでも言えるのが、20代30代の投票率の低さです.やはり、50%を下回るようでは、いかんなーと.
とはいえ、私も選挙は行くけど何を根拠に支持するべきかなんてひどく曖昧という状況です.
ただ、今回の都知事選では変化が起こりました.家入一真氏がクラウドファンディングという手法で被選挙者の壁の一つである供託金の問題の解決方法を提示したことです.もちろん本人の知名度があらかじめ高かったことも成功の一つですが、若者の選挙参加への足がかりとなるはずです.

政治をより身近なものに、一緒に考えていける仲間募集中です.

 

この記事を書いた人

comlabo

特定非営利活動法人コムラボは、「地域の新しい『やりたい・かなえたい』を共創する」をミッションに掲げる、栃木県足利市を拠点に地域の情報技術を支援する非営利団体です。地域Webメディア「あしかがのこと。」、コワーキングスペース「SPOT3」を運営しています。