はじめての梅干漬け&梅酒づくり

こんにちわ、コムラボ曽根田です。
実家の母様、父様にお願いしまして、天然青梅(大分県産)を送っていただきました。
もちろん、梅干しと梅酒をつくるためです。
こんなにかわいい青梅は、産毛がふさふさしていて柔らかな手触りです。目で見てもわからないぐらいなのに、人間の触覚受容器(おそらく中心的役割はマイスナー小体)たるや、さすがです。触覚については、今度触れよう。
DSCF4155

傷やへこみがない青梅たち、いわばエリート梅は梅干しにします。水洗いしてへたを取り、綺麗に水をふき取ってあげて塩に漬けます。こんな感じ。ジップロックの空気を抜いて、重しを載せてしばらく放置します。
DSCF4160
まだ、漬けばかりですが、早くも梅がしわしわになってきて、梅干し感をのぞかせています。
経過は、後日レポートします。

そして、こちらが梅酒。たくさんの氷砂糖と、ホワイトリカーでひたひたにしたりました。
とってもかわゆすです。
DSCF4172
こちらは3か月ほどで、美味しく仕上がってくるそうで、できあがりが楽しみ!

日本サッカーは、初戦残念でしたね。にわかファンの私ですが、本田選手のゴールには思わず叫んでました。予選通過をお祈りしてます!
渋谷の道徳感の無いにわかファンは自重してください。

この記事を書いた人

comlabo
comlabo

特定非営利活動法人コムラボは、「地域の新しい『やりたい・かなえたい』を共創する」をミッションに掲げる、栃木県足利市を拠点に地域の情報技術を支援する非営利団体です。地域Webメディア「あしかがのこと。」、コワーキングスペース「SPOT3」を運営しています。