白板のすゝめ

なさんは考え事をするとき、考えをまとめるときどう言った道具をつかいますか?
私自身は未だ「これが正解!」というものに巡り会えていないんですよね…
では、いい方法があれば教えてください。 これではブログになってない…
と言う事で今回は最近購入した「ホワイトボード」について記してみます。

きいことはいいことだ」
部屋の大きさの関係から9000×6000 mmと小柄のものになってしまいましたが、大きめのノートでも見開きはA3サイズ。
多くの情報、特にマインドマップや物事のリレーションを整理するにはもってこい。

っ白」
ノートなどと違い、線やつなぎ目がない分自由に使えます。

ン」のバリエーション
数年前までは、ホワイトボードマーカーといえば黒・青・赤くらいでしたが、最近では緑・ピンク・オレンジ・ムラサキなどなど

学生生活が長かったこと、まじめなディスカッション以外でも日頃から様々なことで白板に描く文化が未だに抜けないのでしょうか?
また大学でマインドマップを活用することの面白さを教えていただいたことにも起因するのでしょうか?
ホワイトボードにする塗料も上市されている昨今、みなさんもホワイトボード初めてみませんか?

補足
GoogleさんはGoogle driveでマインドマップを提供し始めました。それも同時に複数人が編集できる機能も。
Evernoteでは、いつでもどこでも様々なメディアを融合させたノートを作成・閲覧できますよね。
ノートは持ち運びに便利で、曖昧なアイディアを後から見つけるときに便利。

一長一短のこれらの道具。
これらが合わさったような道具または使いこなすアイディアがあればなぁと思う今日この頃なのでした。

この記事を書いた人

出村 哲朗
出村 哲朗

1987年富山県産。地元の商船高専を卒業まで富山で過ごす。大学編入学で桐生市へ移り住み、現在足利市在住の地方からのIターン組。足利というこの街で全国に通用する生き方・暮らし方・つながりを発信していけたら...と思っています。